FC2ブログ

Lカルニチン


Lカルニチン


Lカルニチンというアミノ酸の一種を経口的に補給するためのお薬です。

カルニチンというアミノ酸にはLカルニチン以外にも、レボカルニチン、DL-カルニチンなどがあります。レボカルニチン、DL-カルニチンは疾患治療に使用されていますが、Lカルニチンは脂肪燃焼効果を持つため、ダイエットをサポートするものとして世界的に広く使用されています。

カルニチンと称した商品でも有効成分が、ダイエットをサポートするLカルニチンではない商品がありますので、注意が必要です。

作用機序としては、エネルギーの元となる脂肪のミトコンドリアへの運搬を促進し、さらにミトコンドリアの代謝を活性化することで脂肪燃焼を促進します。したがって、脂肪燃焼が盛んに行われるようになり、ダイエットに効果があるということです。

また、ミトコンドリアの代謝が活性されることで、周囲の様々な細胞が活性化されるため、疲労回復効果や肌の健康回復にも効果があると言われています。

なお、ミトコンドリアとは、体内のいたるところに存在し、酸素を取り込みながら栄養素やエネルギーを作り出す細胞であり、人間にとって重要な役割をしています。

このLカルニチンは、Lカルニチンは必須アミノ酸のリジンとメチオニンから生成され肝臓で1日約10mg作られます。加齢とともにその生成量が減少し、生成量の平均的なピークは20代と言われております。

また食品としては卵・豆・野菜類にはほとんど含まれず、その多くは羊肉や牛肉などの食物から摂取されます(日本人平均1日75mg)。

L-カルニチンという名前は、「肉」を意味するラテン語の”Carni(カルニ)”に由来しています。Lカルニチンの効果は世界中で認められており、実際に500件を超える研究論文が発表されておりますので、効果については問題がないといえると思います。30代以上の方で、ダイエットしていてもなかなか痩せない、なんとなく肌にハリやつやがないとという方に特におすすめです。

Lカルニチン
スポンサーサイト

ロザリップ(クレストール)20mg


ロザリップ(クレストール)20mg


ロザリップ(クレストール)20mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)20mg

ロザリップ(クレストール)5mg


ロザリップ(クレストール)5mg


ロザリップ(クレストール)5mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)5mg

ロザリップ(クレストール)10mg


ロザリップ(クレストール)10mg


ロザリップ(クレストール)10mgは、高コレステロール血症や、先天的に起こる高脂血症のひとつである家族性高コレステロール血症などの脂質異常症を治療する薬です。コレステロール値を下げるには、コレステロールの約8割は肝臓でつくられるため、肝臓でのコレステロール合成を抑制するのが効率的です。有効成分ロスバスタチンは、肝臓でのコレステロール生成に関係するHMG-CoAリダクターゼ還元酵素に結合し、不活性化させる、スタチン系薬剤です。 さらに余分なコレステロールを胆汁酸として排泄させる働きもあります。ロスバスタチンは、コレステロール生成を抑制しつつ肝細胞のコレステロール取り込みを増強させて、強力に血中コレステロール減少させます。

コレステロールは、ホルモンやビタミン、体内に細胞の細胞膜などをつくる脂肪分で、人体にとって必須物質です。約8割は肝臓などで作られ、残りは食物から摂取されます。LDL-コレステロールは動脈硬化などを引き起こす原因となることから、悪玉コレステロールと呼ばれます。善玉コレステロールと呼ばれているHDL-コレステロールは、体の各部分から余分なコレステロールを取り除いて肝臓に再送したり、LDL-コレステロールの酸化を防ぐため、動脈硬化防止の働きもあります。この2つのコレステロールは、通常バランスを保っています。しかし脂質異常になると、LDL-コレステロールの割合が増え、血管が詰まりやくなってしまいます。

ロザリップ(クレストール)10mg

リプロレス(フェノフィブラート)145mg


リプロレス(フェノフィブラート)145mg


脂質異常症は、以前に高脂血症とよばれていた病気のことで、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が高くなっている状態です。血液中に過剰な脂質があると、血管の壁にこびりつき、血液の流れを悪くするだけでなく、動脈硬化を促進するといわれています。動脈硬化とは、血管が硬くなる状態をさし、将来的に狭心症や心筋梗塞などの心血管疾患、脳梗塞や脳出血などの脳卒中を引き起こす原因になります。

リプロレスには、血液中の中性脂肪やコレステロールを下げる作用があります。血液中の脂質を下げる薬にはいくつか種類がありますが、リプロレスはフィブラート系とよばれています。中性脂肪が血液中から消失する速度を速めたり、体内で合成されるのを防ぎます。また、肝臓でコレステロールが生成されるのを抑制し、早く排出されるようにはたらきかけます。悪玉コレステロールが動脈硬化の原因といわれていますが、悪玉コレステロールは下げ、善玉コレステロールはむしろ増加するという効果が期待されています。善玉コレステロールは、長寿の方に多く見られるなどの報告があります。中性脂肪を下げる作用が強い薬として知られているので、中性脂肪は正常範囲でコレステロールのみ高い方には推奨されません。臨床試験では、糖尿病を合併している中性脂肪の高い方が内服すると心筋梗塞などの発症率を約10%減少したことが報告されています。

リプロレス(フェノフィブラート)145mg
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム