FC2ブログ

ロモチル


ロモチル


ロモチル


ロモチルは塩酸ジフェノキシラートと硫酸アトロピンの2つの有効成分を含有している下痢止めです。

ロモチルは腸の蠕動運動を遅らせ、腸管への水分吸収を増やす&便を固めることで下痢の症状を速やかに抑えてくれます。

ロモチルは海外では有名な下痢止めですが、日本では流通しておりません。
有効成分のひとつジフェノキシレートが国内で麻薬成分に指定されているため、禁止薬物として持ち込みが禁じられております。

ロモチル

スポンサーサイト



エコノームカプセル


エコノームカプセル


エコノームカプセル


エコノームカプセルは過敏性腸症候群(IBS)や下痢の予防改善効果を持つ健康サプリメントです。
プロバイオティクス製品であり、腸内フローラのバランスをサポートして理想的な腸内環境を作ります。

エコノームカプセルの主要成分は「サッカロミセスブラウルディ(Saccharomyces boulardii)」です。サッカロミセスは胃酸に強い代表的な酵母で、腸内環境を整える他にも胃腸機能・免疫機能など身体全体の健康も強力にサポートしてくれます。

腸内環境を整えることは、健康維持増進のために必要不可欠です。
エコノームカプセルは過敏性腸症候群(IBS)・下痢や便秘になりやすい・胃腸が弱い方に特にオススメですが、健康・美容意識が強い方全てに強くオススメできます。

エコノームカプセル

アリストザイムシロップ(パイナップル味)


アリストザイムシロップ(パイナップル味)


アリストザイムシロップ(パイナップル味)


アリストザイムシロップ(パイナップル味)は胃の不調を解消するシロップ剤です。

1本200mlボトル1本入りで、飲みやすいパイナップルフレーバーです。

このシロップ剤はインドの大企業であるAristo Pharmaによって製造・販売されています。

有効成分としてジアスターゼとペプシンを配合しています。

このジアスターゼおよびペプシンは、どちらも胃や腸で食物の消化吸収を助ける働きがあります。

そのため、アリストザイムシロップ(パイナップル味)を服用することで胃腸に関係する諸症状を改善し、治癒することができます。

アリストザイムシロップ(パイナップル味)

腸ケア|オーガニックインディア


腸ケア|オーガニックインディア

腸ケア|オーガニックインディア


腸ケアは胃腸の健康に特化したアーユルヴェーダサプリメントです。
胃腸の健康を守り、胃腸の不調・トラブルを防止してくれます。

有効成分としてバエルの葉・chandrashoorの種子・オオバコなどの優れた効能を持つアーユルヴェーダハーブが配合されております。これらのハーブは5000年以上も前から胃腸薬として用いられてきました。

腸ケアは体内に蓄積した老廃物や毒素を体外に排出する、蠕動運動を整える、消化促進などの健康効果を発揮します。快便や胃腸機能をサポートし、様々な胃腸トラブル(主に便秘、過敏性腸症候群、胃炎、消化不良など)を改善に導きます。

腸ケア|オーガニックインディア

メチメズ(メチマゾール)5mg


メチメズ(メチマゾール)5mg

メチメズ(メチマゾール)5mg


メチメズは、甲状腺機能亢進症の内科療法において第一選択薬とされることが多い、有効成分メチマゾール(チアマゾール)を配合しています。メチマゾールは、ペルオキシターゼによるヨウ化物の酸化だけではなく、チロキシンやトリヨードチロニンに至る反応を阻害することで体内のヨード量を抑えます。それによって甲状腺におけるホルモンの過剰生成を阻害され、その分泌を抑制されます。これによって体内のホルモン量が正常に保たれるようになることから、ホルモンの過剰分泌による様々な症状を改善します。また、血中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、甲状腺の操作の影響を最小にするために、甲状腺手術や放射線ヨード治療の前に使用されることもあります。

甲状腺ホルモンは、エネルギー代謝や循環、内分泌機能、生殖などを調節するホルモンで、喉元にある甲状腺と呼ばれる器官から分泌されます。正常な状態では、甲状腺刺激ホルモンの作用によって適度な分泌量になるようにコントロールされますが、ホルモンが過剰に分泌されると、全身の新陳代謝が異常に高まり、頻脈、多食や体重減少、発汗、イライラ、動悸、不整脈など、アドレナリンが過剰に分泌された場合と似たような症状が現われます。これが甲状腺機能亢進症です。そのほかにも、首のはれを特徴的な症状として、眼球突出、集中力低下、精神不安定、不眠や、女性の場合は月経異常などが現れることもあります。

メチメズ(メチマゾール)5mg




メチメズ(メチマゾール)10mg

メチメズ(メチマゾール)10mg

メチメズは、甲状腺機能亢進症の内科療法において第一選択薬とされることが多い、有効成分メチマゾール(チアマゾール)を配合しています。メチマゾールは、ペルオキシターゼによるヨウ化物の酸化だけではなく、チロキシンやトリヨードチロニンに至る反応を阻害することで体内のヨード量を抑えます。それによって甲状腺におけるホルモンの過剰生成を阻害され、その分泌を抑制されます。これによって体内のホルモン量が正常に保たれるようになることから、ホルモンの過剰分泌による様々な症状を改善します。また、血中の甲状腺ホルモン濃度を低下させ、甲状腺の操作の影響を最小にするために、甲状腺手術や放射線ヨード治療の前に使用されることもあります。

甲状腺ホルモンは、エネルギー代謝や循環、内分泌機能、生殖などを調節するホルモンで、喉元にある甲状腺と呼ばれる器官から分泌されます。正常な状態では、甲状腺刺激ホルモンの作用によって適度な分泌量になるようにコントロールされますが、ホルモンが過剰に分泌されると、全身の新陳代謝が異常に高まり、頻脈、多食や体重減少、発汗、イライラ、動悸、不整脈など、アドレナリンが過剰に分泌された場合と似たような症状が現われます。これが甲状腺機能亢進症です。そのほかにも、首のはれを特徴的な症状として、眼球突出、集中力低下、精神不安定、不眠や、女性の場合は月経異常などが現れることもあります。

メチメズ(メチマゾール)10mg

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム