FC2ブログ

ハイドロキノンクリーム(美白作用)

ハイドロキノンクリーム

ハイドロキノンクリーム

「ハイドロキノン」は、シミの原因であるメラニン色素の合成酵素阻害剤であり、メラニンを生成するチロシナーゼの働きを強力に抑制し、同時に既にある褐色化したメラニンを白色化する「還元作用」(美白作用)を持つ即効性のある医薬品です。ハイドロキノンはイチゴ類、麦芽、コーヒー、紅茶など天然にも存在する成分で、還元作用があり写真の現像にも使用されています。ハイドロキノンを使用して現像していた人の肌が白くなったことで発見されました。ハイドロキノンの効果はコウジ酸やα型アルブチンの数10倍~100倍といわれています。

ハイドロキノンクリームは単独でも効果がありますが、ピーリングやレチノイン酸と併用して使われることも多いです。ハイドロキノン自体は浸透性があまり高くないので、トレチノインと併用することで皮膚の漂白効果がより高まります。

ハイドロキノンクリーム以外に、シワ取りニキビ治療のレチノA、美白のハイドロキノンクリームとレチノAの両成分が配合されたコスメライトクリームのご用意もございます。

美白・しわ取り人気商品ラインキング

効果効能
皮膚の浅い部分(基底層から表皮)にメラニン色素が異常増殖・色素沈着している肝斑、雀卵斑、炎症後色素沈着、日光黒子(老人性色素斑)などのシミに使われます。太田母斑など真皮性のシミには効きません。


詳細は↓↓↓
>>>ハイドロキノンクリーム

スポンサーサイト



トラネキサム酸500(100錠)(美白)

トラネキサム酸500(100錠)

トラネキサム酸500(100錠)

トラネキサム酸500(100錠)は、現在では「美白成分」としてたいへん注目を浴びていますが、元々は止血目的で開発された成分です。

第一三共製薬がこのトラネキサム酸が主成分の美白商品(トランシーノ)を開発し、肝斑やシミの除去に有効な内服薬として販売しています。それ以来、トラネキサム酸が肝斑の除去に効果を発揮すると言われ始めました。トランサミン錠という商品名でもトラネキサム酸配合の商品が販売されています。

トラネキサム酸500は、トランシーノおよびトランサミンと同成分の医薬品です。第一三共製薬のトランサミンはトラネキサム酸が250㎎および500㎎配合の商品がありますが、ここで紹介するトラネキサム酸500には同成分が500㎎配合されている商品です。

トラネキサム酸は、「ビタミンC」とともに、美白や肝斑の改善に効果のある成分です。

トランシーノとトラネキサム酸500の成分比較
トランシーノ: トラネキサム酸 125mg/粒
トラネキサム酸500: トラネキサム酸 500mg/粒
トラネキサム酸が効果を発揮するシミの種類
肝斑
老人性色素斑(加齢が原因のシミ)
炎症後色素沈着(ニキビ跡などがシミになること)
トラネキサム酸はメラニンの生成を抑制する効果もあり、シミの「予防」にも効果が期待できます。同時に、皮膚の赤み、かぶれ等を改善する効果もあるため、にきび跡が「シミ」になることも予防する効果があります。

効能効果
シミ、肝斑の除去、予防
止血
使用方法
通常、成人で1日3~4回に分け750~2,000mgを服用します。
3ヶ月以上続けることにより、より効果が期待できるとされています。

詳細は↓↓↓
>>>トラネキサム酸500(100錠)

コスメライトクリーム(しわの改善)

コスメライトクリーム

コスメライトクリーム

「コスメライトクリーム」は、アメリカでしわ取りクリームとして絶大な支持を得ているメラケアクリームのジェネリック医薬品で、顔の美白、シミ、くすみなどに効果がある「ハイドロキノンクリーム」と、しわに効果があるといわれるレチンAクリームの成分で知られる「トレチノイン」を配合した美白クリームです。更にハイドロキノン や トレチノイン で起こりうる炎症を抑える 「フランカルボン酸モメタゾン」が配合されております。 コスメライトクリームによって、 トレチノインで代謝を高め、美白効果の高いハイドロキノン が、しみ等の原因となるメラニン色素の生成を抑制し、再びシミを構成しない仕組みをつくっていきます。

トレチノイン は、ビタミンA誘導体のひとつですが、生理活性はビタミンAの50~300倍と考えられており、ビタミンAの誘導体表皮の深い層にあるメラニン色素を外に出してしまう働きを持っているので、シワや尋常性ざ瘡をはじめとした色々な肌トラブルに有効であるといわれています。またトレチノインは表皮の細胞を活発化させ、表皮の角質の剥離を起こすことでメラニン色素を外に排出していき、ニキビやシミ、シワが改善されていきます。更にトレチノイン は皮脂腺の働きを抑える皮脂分泌の抑制作用と、コラーゲンやヒアルロン酸の分泌を高める作用があり、長期的に皮膚の張りや小じわを改善させていきます。

効能効果
尋常性ざ瘡、しわの改善、皮膚の浅い部分(基底層から表皮)にメラニン色素が異常増殖・色素沈着している肝斑、雀卵斑、炎症後色素沈着、日光黒子(老人性色素斑)などのシミに使われます。太田母斑など真皮性のシミには効きません


詳細は↓↓↓
>>>コスメライトクリーム

HGAスプレー(成長ホルモン)

HGAスプレー

HGAスプレー

成長ホルモンが不足すると次のような症状がでてきます。
疲れやすく、元気が出ない。
深くぐっすり眠れなくない。
朝目ざめても疲れが残っている。
性欲の減退を感じる。
記憶力がおとろえる。
筋肉が細そる。
お腹まわりに脂肪がつく。
太りやすい体質になる。
お尻やバストに張りがなく、下がってくる。
朝おきたとき肌が乾燥している。
肌の張りがなくなり、小じわが目立つ。
白髪がふえてくる。


成長ホルモンが不足すると、なぜこういう症状がでてくるのですか。
成長ホルモンは子どものときに比べて分泌量は減りますが、大人になっても分泌され続け、タンパク質・脂肪・カルシウムの代謝をコントロールする働きをしています。
成長ホルモンの分泌は睡眠中に活発になります。これは昔からいわれている「寝る子は育つ」「美人は夜つくられる」などのことわざのとおりです。
睡眠中は脳を休めるとともに、免疫力が高まって身体の組織の疲労回復や活性酸素のダメージなどを修復するはたらきが活発になります。成長ホルモンが不足すると代謝活動のコントロールができず、この修復ができなくなります。それによって身体のいろいろな部分の老化が早まるのです。
このように睡眠中の成長ホルモンは、1.免疫力を高める2.疲労を回復する3.傷んだ組織をメンテナンス(修復、再生)する、というたいせつなはたらきをしています。成長ホルモンが不足すると上記のようなさまざまな症状がでてくるのはそのためです。成長ホルモンはアンチエイジングの要をにぎっているホルモンなのです。
HGAスプレーはなぜ成長ホルモンの分泌を促進するのですか。
ヒト成長ホルモン(HGH)は脳下垂体から分泌されるホルモンで、多くのアミノ酸が結合して作られる物質です。アミノ酸の中でもアルギニンとオルニチンは、成長ホルモン誘導体としてたいせつな役目をする物質です。HGAスプレーにはこのアルギニン、オルニチンのほかにL-グルタミン、L-リジンなど、成長ホルモンの合成にかかせない各種のアミノ酸含まれています。
また、成分のひとつのグリシンは、やはりアミノ酸の1種ですが、サプリメントとしてのむことで、睡眠の質を改善することが知られています。グリシンは身体でも合成されるふつうのアミノ酸ですが、プラセボ(偽薬)試験のときに害のない偽薬として使われたところ、これをのんだグループがよく眠れるようになり、疲労が回復するという効果がありました。そこからグリシンは、睡眠の質を高めることで成長ホルモンの分泌をうながす成分として認められることになりました。
効き目に個人差はありますが、HGAスプレーを使用することで、成長ホルモンの分泌を促進して、中高年からの体力・記憶力・免疫力の衰えや肌・筋肉・体型などの老化現象をスローダウンすることが期待できます。
HGAスプレーの使い方
HGAスプレーは、食時30分前と寝る前の1日4回舌の下にスプレーします。スプレーしてから30~60秒ほど舌の下にとどめておいて、のみこみます。1本で約180回(約45日)スプレーすることができます。1日に6回以上はスプレーしないでください。


詳細は↓↓↓
>>>HGAスプレー

ルミキシル30ml(シミ,くすみ,肝斑,色素沈着,にきび跡の改善)

ルミキシル30ml
ルミキシル30ml

シミくすみの治療では今でもハイドロキノンとトレチノインの併用が最も有効とされ、美容クリニックでもこの2種類の美白剤が用いられます。しかし、近年、ハイドロキノンに限らず、美白系商品でも肌の一部が色抜けする「白抜け」が問題視されており、注意が必要です。 ルミキシルの特徴の一つが「白抜け」の心配がないことです。ルミキシルの成分ルミキシルペプチドが肌の一部だけでなく均一的にメラニン生成を抑制するため、一部のみでメラニンが薄くなって色抜けの心配がありません。 もちろんハイドロキノンにしても正しく使用することで色抜けを防ぐことが当然できますが、不安を解消する点でルミキシルに優位性があると言えるでしょう。
詳細は↓↓↓
>>>ルミキシル30ml

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム