FC2ブログ

パースピレックスロール(Perspirex)(制汗剤)

パースピレックスロール(Perspirex)

パースピレックスロール

「パースピレックスロール(Perspirex)」は、ワキの下に塗るだけで3日~5日間、気になる汗や臭い(ワキガ)を抑えることができる「塗るタイプ」の制汗剤です。

パースピレックスは世界中の美容クリニックで、ワキや手足の「多汗症」の治療に用いられています。

多汗症でなくとも汗ばむ夏になると、シャツやジャケットを着たときのワキの汗ジミが気になるものです。夏でなくても外出の多い方、アクティブな生活をしている方の場合、ワキ汗やワキの臭いは悩みの種ですね。男女を問わず、ワキの臭いや足の臭いは可能な限り抑えたいものです。

そんな悩みを抱えた多くの方のために開発された制汗剤がパースピレックスです。

パースピレックスの1番の特徴は、通常のデオドラントと比較して、圧倒的に効果の持続時間が長いことです。有効成分の「塩化アルミニウム」が発汗の原因となる「汗腺」の深い部分に「フタ」をして発汗を抑えます。汗腺に直接働きかけて物理的に発汗を抑えることで、デオドラント等とは異なる確実な制汗効果を発揮するのがパースピレックスです。

市販のデオドラントや制汗剤は持続力が短いので、外出時や仕事中、スポーツの最中に効果が薄れ、何度も塗りなおす必要があります。

パースピレックスは「臭い消し」ではなく、根本的に発汗を抑える効果があるため、1回の使用で3~5日間、発汗を抑えて汗と臭いの悩みとサヨナラできる本格的な制汗剤です。

パースピレックスの特徴
1回塗るだけで「3~5日」効果が持続しますので、1本で2,3ヶ月ほど持ちます。
ワキの発汗を物理的に抑えて、汗ジミや臭いを阻止するため、デオドラント等のように臭いを消す「カモフラージュ」とはケタ違いの防臭・制汗力があります。
無臭のため、男女ともに安心してお使いいただけます。仕事上、デオドラントや香水がつけられない方にもお使いいただけます。
衣服に色が移ることはありませんので、塗っていることがわかることはありません。
皮膚への刺激やアレルギーの心配がありません。
効能効果
ワキ汗、および臭いの抑制


詳細は↓↓↓
>>>パースピレックスロール(Perspirex)

スポンサーサイト



エチラーム プロ(デパス成分+インデラル成分 )(うつ、不眠症)

エチラーム プロ(デパス成分+インデラル成分 )(うつ、不眠症)

エチラーム プロ(デパス成分+インデラル成分 )

エチラームプロは、安定剤、睡眠導入剤として有名なデパスジェネリック(エチゾラム)と、
高血圧や狭心症、不整脈などの治療薬インデラル(プロプラノロール塩酸塩)の両方が
配合されたお薬です。

インデラルはあがり症の改善に用いられることもあります。

>>>エチラーム(デパスジェネリック)0.5mg

エチラーム(デパスジェネリック)1mg (不眠症、不安神経症、パニック障害)

エチラーム(デパスジェネリック)1mg (不眠症、不安神経症、パニック障害)

睡眠導入剤のエチラーム(デパスジェネリック)

成分のエチゾラムが脳のベンゾジアゼピン受容体に作用して、
神経の興奮や不安をしずめて眠りにつきやすくする作用があります。

デパスジェネリックのエチラームは、
うつ病にともなう不眠症を改善するほか、不安障害、パニック障害の治療にも
使用されます。

緊張や自律神経失調からくる肩こりやめまいにも効果があります。

メラトニン受容体に作用する睡眠導入剤とは作用が異なります。

>>>エチラーム(デパスジェネリック)

バルトレックス500mg(ヘルペス)

バルトレックス500mg(ヘルペス)



イギリスの製薬会社グラクソスミス・クライン社が開発製造する『バルトレックス』はヘルペスウィルスの増殖をおさえる抗ウィルス薬で、第二世代抗ウイルス薬です。口唇ヘルペス、性器ヘルペスなどの治療に使われます。

バルトレックスの有効成分「バラシクロビル」は、性器ヘルペス以外に、単純疱疹、帯状疱疹、水ぼうそう(水痘)の治療に効果を発揮します。同等の治療薬にアシクロビル(ゾビラックス)があり、バルトレックスは成分の吸収がよいため、服用回数がアシクロビルより少ないのが特徴です。

>>>バルトレックス500mg

レボフロックス(Levoflox) クラビットジェネリック250mg(クラミジア治療)

レボフロックス(Levoflox) クラビットジェネリック250mg(クラミジア治療)

クラビットジェネリック250mg

「レボフロックス(Levoflox)」は、 クラミジア治療の特効薬「クラビット」 の ジェネリック医薬品(後発薬) です。

特にグラム陽性菌(厚い細胞壁を持つ菌で、ブドウ球菌、レンサ球菌、腸球菌など)およびグラム陰性菌(細胞に外膜を持つ菌で、大腸菌、緑膿菌など)、特にクラミジア治療、淋病、尿道炎に効果が期待できます。

そこで尿路感染症、クラミジア、淋病、前立腺炎、睾丸炎、膀胱炎、淋病性尿道炎などの感染症治療に対し有効性が確認されています。

クラミジア治療に用いられる「レボフロキサシン」をはじめとするニューキノロン系抗菌薬は、薬剤と菌が接している時間を長くするよりも、菌と接する薬剤の濃度を高くした方が殺菌作用を増強させられる、いわゆる「濃度依存性」の抗菌薬として知られているため、1日1回のクラビット服用で効果的にクラミジアや淋病、尿道炎などを治療します。

またレボフロキサシン(クラビット)は比較的副作用が少ないとされているほか、セフェム系やペニシリン系、マクロライド系の抗生物質とは作用機序が異なるため、これらに耐性を示す菌にも有効です

クラミジアは性病(STD)の一種で、日本で一番感染者が多いSTDです。クラミジアには以下の特徴があります。

男女共に尿道の違和感
性感染症の感染リスクが高まる
クラビットおよびクラビット ジェネリックが特効薬である

>>>クラビットジェネリック250mg 1箱(合計100錠)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム