FC2ブログ

マイグレックス2.5mg


マイグレックス2.5mg


マイグレックスは有効成分としてフルバトリプタン2.5mgを含有している、海外製の片頭痛急性期治療薬です。

急激な頭痛や不調で悩まされる方が多い片頭痛の症状を強力かつ速やかに和らげます。

片頭痛は慢性頭痛のひとつです。
脳の血管が拡張しすぎることで血管の周囲に存在する三叉神経が刺激を受け炎症の原因となる物質が発生します。その物質が血管周囲に炎症を起こすことで血管は更に拡張され三叉神経への刺激が増して大脳へ伝わり強い痛み(頭痛)が発現しますが、このメカニズムで起こる頭痛が片頭痛です。
痛みと共に吐き気やめまいを伴うことが多く、発作が起きる数時間前に目がチカチカするなどの前兆が現れる方も多くいます。

片頭痛は慢性頭痛の一種で、特に10~40代の女性に多く見られます。
頭の片側がドックンドックンと脈打つように激しく痛むのが特徴で、数時間~長ければ数日間続きます。
頭痛以外にも吐き気・めまい・光や音に過敏になるなどの症状を伴うことが多くあります。
また、激しい頭痛が起きる前に視野の一部が暗くなる・目がチカチカするといった前兆症状がある場合も少なくありません。

市販の鎮痛薬に頼る方も多いかと思われますが、市販の鎮痛薬では片頭痛の症状はあまり改善しないことが多いです。
だからといって、鎮痛薬を常用・乱用すると身体に大きな負担がかかります。

マイグレックスは一般的な鎮痛薬(ロキソニンなどのNSAIDs)とは全く異なる作用機序で痛みに作用します。
予防的に用いることはできませんが、片頭痛発作による頭痛や前兆がいざ現れた時にすぐに服用することで、症状を強力&速やかに改善することができます。

マイグレックスは「トリプタン系」と呼ばれる薬剤です。
日本の医療機関で多く使用されているトリプタン系の薬剤は「イミグラン(有効成分スマトリプタン)」「マクサルト(有効成分リザトリプタン)」などです。

マイグレックスは国内では認可されていないため流通しておりませんが、海外では片頭痛治療において多く使用されております。

マイグレックス2.5mg
スポンサーサイト



エレトリプタン20mg


エレトリプタン20mg


エレトリプタン20mgは、日本でも承認・販売されている片頭痛治療薬レルパックス錠20mgのジェネリック医薬品です。

エレトリプタン20mgは、インドの製薬会社であるIntas Pharma(インタス・ファーマ)社によって製造・販売されています。

インタス・ファーマ社は2006年に創業された比較的新しい企業なのですが、本拠地のインドではすでに医薬品シェアの多くを占める大企業です。

エレトリプタン20mgもそんなインタス・ファーマ社によって製造されている高品質なお薬で、服用することで強力な効果を得ることができます。

先発品であるレルパックス錠20mg同様に片頭痛発作による痛みを強力に抑えてくれます。

エレトリプタン20mg

スマトリプタン100mg


スマトリプタン100mg


スマトリプタン錠とは、片頭痛が起こった際に使用するお薬です。インドのSAVA社が販売しております。日本では、先発薬としてイミグランが販売されておりますが、その同じ成分のジェネリック医薬品になります。

そもそも片頭痛とは、慢性的な頭痛としてカテゴライズされています。この慢性的な頭痛の多くは片頭痛が多いです。また片頭痛以外に「緊張型頭痛」や「群発頭痛」があります。

片頭痛が起こる原因は、2段階の流れがあります。まず、脳の血管内に存在する血小板が、「セロトニン」という神経伝達をする物資を放出します。このセロトニンは、血液を固める作用と「血管を収縮する作用」があります。片頭痛が起こるときはセロトニンが過剰に放出されて、脳の血管を収縮します。

その後、脳内にあったセロトニンが一時的に枯渇するため、収縮していた血管は拡張します。この時に片頭痛を発症するのです。また、片頭痛を発症している際「カルシトニン遺伝子関連ペプチド(CGRP)」と呼ばれる血管を拡張させる物質も、片頭痛に関与していることが分かってきています。

スマトリプタン錠はトリプタン系というお薬に分類されています。トリプタン系のお薬は主に片頭痛の頭痛の発作が起こった際に使用します。

スマトリプタン100mg

レルパックス(エレトリプタン)40mg


レルパックス(エレトリプタン)40mg


レルパックス(エレトリプタン)40mg


レルパックス(エレトリプタン) 40mgは、片頭痛の治療剤です。
有効成分であるエレトリプタンは、ファイザー社が合成したトリプタン系薬剤です。

2001年にスイスで発売され、現在では世界各国で臨床使用されています。
日本では、2002年に片頭痛の治療薬として承認されました。

片頭痛の発作発現後の服用で、速やかな頭痛改善効果が得られます。
嘔気、嘔吐、光過敏、音過敏などの片頭痛の随伴症状について、さらに仕事、勉強などへの片頭痛の悪影響についても改善効果を示します。
加えて、服用24時間以内において、発作の再発率を下げることから、再発抑制効果があることも認められています。

片頭痛の有病率は、15歳以上の日本人では8%前後と報告されていますので、一般的な疾患だと言えます。
また、頭痛の発作時にはQOL(生活の質)が下がることが分かっていますので、生活の質を維持するためには積極的な治療が必要となります。

片頭痛が起こる原因は明確になっていませんが、脳血管が拡張し、炎症を誘発することが要因の一つだと考えられています。
これには神経伝達物質の「セロトニン」が関与しているとされています。

何かしらの原因により、多量のセロトニンが一気に分泌されると、急な脳血管収縮が惹起されます。
その後、セロトニンの量が減少することでその働きが弱くなり、脳血管は拡張します。

この脳血管が拡張する際に、片頭痛発作が起きているとする仮説があります。
さらに、この際に何らかの方法で脳血管を収縮させれば、発作の症状を改善できることが明らかになっています。

脳内において、セロトニンと同様に働き、脳血管を収縮させるのが、このエレトリプタンです。
エレトリプタンは、セロトニン受容体(5-HT1Bもしくは5-HT1D)に結合することで、脳血管を収縮させ、片頭痛の発作症状を改善します。

1箱3錠入りで、発作時に1回1錠服用しますので、1箱が3回分となります。
片頭痛発作の頻度に応じて、購入数を決めると良いでしょう。

レルパックス(エレトリプタン)40mg

マクサルトRPD(リザトリプタン)10mg


マクサルトRPD(リザトリプタン)10mg


マクサルトRPD(リザトリプタン)10mg


マクサルトは、舌に乗せるウエハースタイプなので水は不要、必要なときにすぐに服用できる、片頭痛の治療薬です。
有効成分の安息香酸リザトリプタンは、拡張した血管を収縮させ、その周囲に起こった炎症を緩和させ、片頭痛の症状を抑えます。

早期にマクサルトを服用した際の頭痛消失率は72%、重度の場合、服用後15分後には症状が改善、45分後には症状が消失、75分後には片頭痛が消失したという臨床試験の結果があります。
片頭痛の原因は不明であり、根本治療ができないため、片頭痛が起きた際にその痛みを軽減させることが重要です。

片頭痛
片頭痛は鋭い痛みが頭の片側(時として両側)に発生し、主にこめかみから目の周辺で起こります。吐き気や光や音に過敏になるなどの症状を伴った痛みが数時間から数日続きます。日本では約8%の成人が片頭痛に悩まされています。

原因
原因は未だに解明されていませんが、考えられる原因として、以下2つがあげられます。

三叉神経から神経伝達物質が過剰に分泌されることで血管が拡張し、血管の透過性が亢進することで周囲に炎症が起こり、痛みを感じる。
何らかの原因により脳内部や周辺の血管が収縮し、頭蓋骨内外の血管が異常に拡張することで、炎症物質が生成され、痛みが起こる

マクサルトRPD(リザトリプタン)10mg

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム