FC2ブログ

ルマラヤ錠|ヒマラヤ


ルマラヤ錠|ヒマラヤ


ルマラヤ錠|ヒマラヤは、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された骨折・骨粗鬆症関連治療薬です。

1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信している製薬メーカーです。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

服用することで関節炎・関節リウマチによる炎症症状を鎮め、関節への血液循環を解消することで痛みをやわらげてくれます。

ルマラヤ錠|ヒマラヤ
スポンサーサイト



アイオデックス鎮痛バーム


アイオデックス鎮痛バーム


アイオデックス鎮痛バームは、体の様々な痛みを解消することができる塗り薬です。

インドの伝統医学アーユルヴェーダでは、約2,000~2,500種類の生薬があり、これらの生薬には薬効が不明とされているものもありますが、多くの生薬が現代医学において作用機序が解明されており本当に効果があることがわかっています。

このお薬も、そんなアーユルヴェーダ生薬のなかでも特に痛みに効果があるとされているものをオリジナルでブレンドし製造されています。

関節痛や捻挫、筋肉痛などで痛みのある背中や肩、首や腕にスーッと塗ってマッサージすることで痛みが速やかになくなります。

アイオデックス鎮痛バーム

タイガーバーム赤4g


タイガーバーム赤4g


タイガーバーム赤4gは、スタンダードタイプのタイガーバームの改良バージョンです。持ち運びや旅行に便利な最小サイズです。

独自の伝統処方により配合したタイガーバーム赤4g。

痛むところにスーッと塗ってマッサージすれば、有効成分が浸透し、血液循環を良くして、肩こりや腰痛、筋肉の疲れ、神経痛などの痛みに効きます。

赤タイプのタイガーバームなので温かいポカポカするような感覚もあります。

一般的なタイガーバームと同様に痛みや肩こりに効果をあらわすだけでなく、虫刺されによる痒みや腫れにもタイガーバーム赤4gは使えます。

注意点として、タイガーバーム赤4gは目に入れないようにして下さい。万一目に入った場合には、すぐに水又はぬるま湯で洗ってください。なお、症状が重い場合には、眼科医の診療を受けてください。

タイガーバーム赤4g

イミトレックス(スマトリプタン)100mg


イミトレックス(スマトリプタン)100mg


イミトレックス(スマトリプタン)100mg


イミトレックスは、片頭痛の発作治療に使用する薬です。
有効成分であるスマトリプタンが、片頭痛の原因に作用します。スマトリプタンは、脳内成分であるセロトニンによく似た成分でできています。

セロトニンは、様々な働きを持っていますが、その中に「痛みを抑制する」働きがあります。血中のセロトニン濃度が高くなると、痛みに対する刺激が弱くなると言われています。

スマトリプタンが、セロトニンのような働きをすることで、片頭痛を改善させます。片頭痛の発生機序には、頭蓋内外の血管が過度に拡張することが挙げられています。この過度に拡張した血管を、収縮させて正常にする働きを持っているのが、スマトリプタンです。

また、炎症物質(発痛物質)の放出を抑制し、その血管周囲の炎症を抑える作用もあります。

頭痛には、緊張型頭痛や群発頭痛というタイプもありますが、これには効果がありません。片頭痛の場合に服用してください。片頭痛の症状が出た初期の段階で、服用するのが最も効果的です。症状を予防するために服用しても、効果は得られないので注意してください。

イミトレックスには、様々な薬剤の種類があります。

ここで取り上げているものは錠剤ですが、他にも、注射薬や点鼻薬といった種類があります。注射薬や点鼻薬のメリットは、即効性が高く、効果が確実であることです。しかし、副作用が強く出やすく、体質によっては合わない場合があるといったデメリットもあります。個人で使用する場合には、錠剤から始めるのが安心といえます。

イミトレックス(スマトリプタン)100mg




イミトレックス(スマトリプタン)50mg


イミトレックス(スマトリプタン)50mg


イミトレックス(スマトリプタン)50mg

M-キャム(メロキシカム)7.5mg


M-キャム(メロキシカム)7.5mg


M-キャム(メロキシカム)7.5mg


エムキャムはさまざまな炎症の痛みを軽減するために使われる薬剤です。一般名はメロキシカムです。国内の同成分の医薬品には、モービック錠やメロキシカムのジェネリック医薬品があります。国内医薬品のモービック錠には5�r、10mgの2種類の規格がありますメロキシカムは非ステロイド性抗炎症剤と呼ばれる種類の医薬品です。関節リウマチや変形性関節症の部位におこる炎症や痛みの症状の改善や、腰痛などの痛みの改善、肩こりや筋肉痛などのさまざまな痛みや炎症の症状に用いられます。

メロキシカムは非ステロイド性抗炎症剤の中でも特に、COX-2(シクロオキシゲナーゼ)という酵素の働きを妨げるという特徴を持っています。体内には痛みを伝えるための体内物質が存在し、プロスタグランジンと呼ばれています。炎症や関節痛などの部位でプロスタグランジンが作られると、そのプロスタグランジンが痛みを誘発します。そのためプロスタグランジンが作られる過程を妨げる事で、炎症や関節痛の痛みの発生を抑えることができます。プロスタグランジンが作られるためにはシクロオキシゲナーゼという酵素が必要です。エムキャムはCOX-2(シクロオキシゲナーゼ)という酵素の働きを妨げるため、プロスタグランジンが作られなくなります。とくにシクロオキシゲナーゼのなかでもCOX-2という種類によく働く薬剤であるため、胃の痛みなどの副作用がおこりにくくなっています。

M-キャム(メロキシカム)7.5mg

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム