FC2ブログ

★ラミクタール100mg


ラミクタール100mg


ラミクタール100mg


ラミクタール100mgは日本でも使用されている抗てんかん薬です。

先発医薬品として承認・販売されており、世界的に有名な製薬企業GlaxoSmithKline (グラクソ・スミスクライン)から販売されています。

服用することで脳内の異常な興奮を抑制し、発作症状を改善してくれます。

単体でも強力な効果を発揮しますが、バルプロ酸などの他の抗てんかん薬と併用することでより強力な効果が期待できます。

ラミクタール錠はディスパーシブル・チュアブル錠といわれる特殊な剤型をしています。

ディスパーシブル・チュアブル錠は水とともに服用、咀嚼して服用、水に懸濁して服用と患者の状況に合わせて服用方法が選択できます。

ラミクタール100mg

スポンサーサイト



ラミクタール200mg


ラミクタール200mg


ラミクタール200mg


ラミクタールは、抗てんかん薬です。ラミクタールの成分ラモトリギンが脳神経の興奮を抑え、てんかんの発作を予防すると言われています。また、鬱病再発の予防としても欧米では服用されています。双極性障害治療にも使用されているようです。

ラミクタール200mg

ラコサム(ラコサミド)50mg


ラコサム(ラコサミド)50mg


ラコサム(ラコサミド)50mg


ラコサム(ラコサミド)は他の抗てんかん薬で十分な効果が認められない「部分発作」を起こすてんかん患者に対して、併用薬として投与します。なお本剤は国内の臨床試験において単独の使用経験はありません。てんかんは発作のタイプから「部分発作」と「全般発作」の2種類に区別をすることができ、ラコサム(ラコサミド)は「部分発作」における併用薬として効果があります。

ラコサム(ラコサミド)の特徴としては、これまで発売されている抗てんかん薬とは作用機序が異なり、薬の効き方が違うことです。そのため、他の抗てんかん薬と相互作用を起こしにくいと言われており、多剤併用に適しているとされています。臨床試験では、ラコサム(ラコサミド)を併用した場合において、発作頻度が30%?40%ぐらいに減少することが確かめられています。

ラコサム(ラコサミド)50mg

トパーズ(トピラメート)50mg


トパーズ(トピラメート)50mg


トパーズ(トピラメート)50mg


トパーズは、脳の過剰な興奮状態を鎮静させる、抗てんかん薬です。有効成分トピラメート(トピラマート)の作用機序は完全には解明されていませんが、てんかん発作の原因とされている脳内のニューロン内の過剰なナトリウムイオンを放出させ、シナプスにおける反復刺激の伝達増強作用を抑制することにより、てんかん発作が刺激を伝搬することを阻害して、てんかん症状の発症を抑制すると考えられています。
? てんかん-てんかんは、生後1年未満から10歳までに発症することが多く、その後ゆるやかに減少し、老年期では再び上昇します。 日本では約100万人のてんかん患者がいると考えられています。発作には、部分発作と全般発作があります。
? 部分発作-部分発作は、脳の神経細胞の興奮により起きる発作で、さらに「単純部分発作」と「複雑部分発作」に分けることができます。単純部分発作は、けいれん、身体のねじれ、姿勢の変化、音声異常などの運動発作、胃部不快感、異常発汗、皮膚の紅潮、失禁などの自律神経発作、知覚や視覚の異常、嗅覚や味覚の異常、めまいなどの感覚発作、記憶障害、感情不安定、錯覚、幻覚などの精神発作が現われますが、意識障害を伴いません。複雑部分発作は、意識障害があるため、発作中の出来事を記憶していない場合がほとんどです。大声を上げる、手足をバタバタする、突然走る、口をぺちゃぺちゃする、同じ言葉を繰り返し発声するなどの自動症と呼ばれる精神運動発作を伴うこともありますが、発生症状は、てんかん焦点部が大脳のどの部分に当たるかによって異なります。
? 全般発作-全般発作は脳全体に脳深部の過剰な興奮が広がって起こる発作で、意識消失を伴います。 短時間だけ意識が消失する欠神発作、短時間一部の筋肉が不随意収縮をするミオクロニー発作、強直発作と間代発作を繰り返す強直間代発作、全身の力が抜ける脱力発作があります。

トパーズ(トピラメート)50mg

オクスカーブ(オクスカルバゼピン)300mg


オクスカーブ(オクスカルバゼピン)300mg


オクスカーブ(オクスカルバゼピン)300mg


オクスカーブはてんかんの治療薬で、主に脳の一部の電気活動に異常が起きる部分発作に対して治療効果を発揮しますが、全身性強直間代発作の症状に対しても有効です。
有効成分オクスカルバゼピンは、脳神経細胞のNa(ナトリウム)チャネルを遮断し、神経細胞がやり取りする電気信号を阻害することで、神経細胞の過剰興奮によるてんかんの複雑部分発作と全身性強直間代発作に効果を発揮します。オクスカルバゼピンの効果は、既に市販されているカルバマゼピンと同等ですが、運動失調などの副作用が少ないのが特長とされています。

?てんかん
てんかんは、生後1年未満から10歳までに発症することが多く、その後ゆるやかに減少し、老年期では再び上昇します。 日本では約100万人のてんかん患者がいると考えられています。発作には、部分発作と全般発作があります。

?部分発作
部分発作は、脳の神経細胞の興奮により起きる発作で、さらに「単純部分発作」と「複雑部分発作」に分けることができます。 単純部分発作は、けいれん、身体のねじれ、姿勢の変化、音声異常などの運動発作、胃部不快感、異常発汗、皮膚の紅潮、失禁などの自律神経発作、知覚や視覚の異常、嗅覚や味覚の異常、めまいなどの感覚発作、記憶障害、感情不安定、錯覚、幻覚などの精神発作が現われますが、意識障害を伴いません。
複雑部分発作は、意識障害があるため、発作中の出来事を記憶していない場合がほとんどです。大声を上げる、手足をバタバタする、突然走る、口をぺちゃぺちゃする、同じ言葉を繰り返し発声するなどの自動症と呼ばれる精神運動発作を伴うこともありますが、発生症状は、てんかん焦点部が大脳のどの部分に当たるかによって異なります。

?全般発作
全般発作は脳全体に脳深部の過剰な興奮が広がって起こる発作で、意識消失を伴います。 短時間だけ意識が消失する欠神発作、短時間一部の筋肉が不随意収縮をするミオクロニー発作、強直発作と間代発作を繰り返す強直間代発作、全身の力が抜ける脱力発作があります。

オクスカーブ(オクスカルバゼピン)300mg

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム