FC2ブログ

アルダクトン(AGA治療薬)


アルダクトン


アルダクトンは、AGA(男性型脱毛症)の根本的な原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きを阻害することで抜け毛を防ぎ、増毛の効果が期待できるお薬です。

女性の場合、ニキビの治療や多毛症と言った症状にも効果を発揮。アルダクトン自体は、当初は高血圧、むくみなどに対する治療薬でしたが、近年では、男性のAGA治療、薄毛治療、女性のニキビ、多毛症治療などに多用されます。



使用方法

高血圧の治療の場合、(2錠~4錠)50mg~100mg/1日を1回または、2回にわけて服用

1日の服用量の限度は200mg

AGA(男性型脱毛症)治療の場合は、1日50mg~100mg(2錠~4錠)



効果効能

AGA(男性型脱毛症)の治療

抜け毛防止

高血圧

むくみ

女性のニキビ、多毛症




詳細は↓↓↓

>>>アルダクトン


スポンサーサイト

フィナロ100錠+ミノキシジル錠剤50錠セット(男性型脱毛症(AGA))

フィナロ100錠+ミノキシジル錠剤50錠セット



フィナロ100錠+ミノキシジル錠剤50錠セット



「フィナロ」は、「フィナステリド」含有のジェネリック医薬品で、男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。同一成分をもつプロペシアは日本ではMSD社(旧万有製薬)から発売されていますが、2005年に承認を受け販売するや否や、画期的な治療薬として注目を集めています。



「ロニタブ」は、有効成分「ミノキシジル」配合の錠剤タイプのAGA治療薬で、血管を拡張することで血行を改善する高血圧の治療薬として販売されておりますが、同時に頭皮の毛細胞を活性化するため発毛作用があるお薬です。ミノキシジルは、日本皮膚科学会により、育毛促進に効果がある認められた成分です。



ロニタブは錠剤タイプのため、ミノキシジルの塗り薬(例:ロゲイン、リアップなど)と比較して、「頭皮のあれ」や「赤み」等の副作用がないこと、また塗り薬では発揮できないとされている「前頭部の薄毛」においても改善が見られたとの声もある医薬品です。



なお日本の臨床試験においても、3年間という長期投与試験を行った結果、被験者の98%にAGAの進行が認められなかったという有効性結果が出ています。この「進行が認められなかった」というのは脱毛症において投与前と比較して当ロゴに毛が抜けることを防げたということあり、それ以上の効果、つまり毛髪の成長が見られた人も沢山認められています。



効能効果

男性における男性型脱毛症の進行遅延

服用方法

フィナロ:男性成人には、通常、フィナステリドとして0.2mgを1日1回経口投与します。なお、必要に応じて適宜増量できるますが、1日1mgを上限とします。



ミノキシジル錠剤:1日1回5mg服用するのが一般的なようですが症状などにより個人差がありますので医師の指示通りご使用下さい。



詳細は↓↓↓

>>>フィナロ100錠+ミノキシジル錠剤50錠セット


詳細は↓↓↓

>>>フィナロ100錠+ミノキシジル錠剤30錠セット


詳細は↓↓↓

>>>フィナロ100錠+ミノキシジル錠剤10錠セット


ニゾラルシャンプー(脂漏性皮膚炎)

ニゾラルシャンプー



ニゾラルシャンプー



ニゾラルシャンプーは脱毛、フケ、湿疹痒み等の原因である「脂漏性皮膚炎」を防ぐ強力な抗真菌薬「ケトコナゾール2%」が配合された薬用シャンプーです。

頭皮の皮脂に含まれるトリグリセリドが真菌の働きで分解され脂肪酸が生成され、その結果、接触性の皮膚炎を引き起こします。

この皮膚炎が原因となる症状は、フケ・湿疹などで、これを放置した場合、「脱毛の原因」となりえますが、真菌の増殖を抑えるニゾラルシャンプーにより改善することが可能です。

薬用ニゾラルシャンプーと「AGA(男性型脱毛症)治療薬」を併用することで、育毛効果が高まります。

効能効果

ケトコナゾールの抗真菌剤

脂漏性皮膚炎(脱毛症・フケ症・頭皮の痒み)



詳しくは↓↓↓

>>>ニゾラルシャンプー


ロニタブ(男性型脱毛症(AGA))


ロニタブ



ロニタブ

ロニタブは、血管を拡張することで血行を改善する高血圧の治療薬として販売されておりますが、同時に頭皮の毛細胞を活性化するため発毛作用があるお薬です。ロニタブは「ミノキシジル」が主成分の内服薬です。ミノキシジルは、日本皮膚科学会により、育毛促進に効果がある認められた成分です。

ミノキシジル錠剤タイプのロニタブは、ロゲインやリアップなど「塗布タイプ」のミノキシジルでは実感できなかった、「生え際の発毛・育毛」にも効果が確認できたというユーザーの声も多いAGA治療薬です。



詳しくは↓↓↓

>>>ロニタブ


フィナロ(男性型脱毛症(AGA))

フィナロ



フィナロ



「フィナロ」は、「フィナステリド」含有のジェネリック医薬品で、男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。同一成分をもつプロペシアは日本ではMSD社(旧万有製薬)から発売されていますが、2005年に承認を受け販売するや否や、画期的な治療薬として注目を集めています。

※フィナロの他にも、フィナステリド配合の代表的な医薬品プロペシア、フィンペシア、フィナックスをご用意しております。

男性型脱毛症の原因として考えられるのがDHT(ジヒドロテストステロン)という成分ですが、フィナステリドが 5α-還元酵素を阻害することでDHT産生を抑制します。

フィナステリドは当初、前立腺肥大症(BPH)および前立腺癌に対する治療薬として開発され、認可を受け販売されていました。しかし、その後1mg用量での研究によって、男性型の脱毛症において毛髪の成長が見られることが明らかにされました。この薬は男性ホルモンによる脱毛作用を抑止するものであり、決して発毛に作用する薬ではありませんが、臨床試験では服用者の多くにある程度の発毛が確認されています。

なお日本の臨床試験においても、3年間という長期投与試験を行った結果、被験者の98%にAGAの進行が認められなかったという有効性結果が出ています。この「進行が認められなかった」というのは脱毛症において投与前と比較して当ロゴに毛が抜けることを防げたということあり、それ以上の効果、つまり毛髪の成長が見られた人も沢山認められています。

効能効果

男性における男性型脱毛症の進行遅延




詳しくは↓↓↓

>>>フィナロ


アボダート(脱毛症、薄毛)

アボダート

アボダート

アボダートは前立腺肥大(BPH)による残尿、排尿困難・頻尿などの治療や男性の脱毛症、薄毛の経口治療薬です。アボダートの成分であるデュタステライドは、脱毛の最大の原因である5αリダクターゼを抑える働きを持ちます。5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型があり、デュタステライドは、Ⅰ型とⅡ型のどちらも同時に抑えることができるといわれているため、プロペシアの成分であるフィナステリドよりも強力とされています。



詳しくは↓↓↓

>>>アボダート

フィナックス(男性型脱毛症(AGA))



フィナックス



フィナックス



「フィナックス」は、「フィナステリド」含有のジェネリック医薬品で、男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。同一成分をもつプロペシアは日本ではMSD社(旧万有製薬)から発売されていますが、2005年に承認を受け販売するや否や、画期的な治療薬として注目を集めています。

男性型脱毛症の原因として考えられるのがDHT(ジヒドロテストステロン)という成分ですが、フィナステリドが 5α-還元酵素を阻害することでDHT産生を抑制します。

フィナステリドは当初、前立腺肥大症(BPH)および前立腺癌に対する治療薬として開発され、認可を受け販売されていました。しかし、その後1mg用量での研究によって、男性型の脱毛症において毛髪の成長が見られることが明らかにされました。この薬は男性ホルモンによる脱毛作用を抑止するものであり、決して発毛に作用する薬ではありませんが、臨床試験では服用者の多くにある程度の発毛が確認されています。

なお日本の臨床試験においても、3年間という長期投与試験を行った結果、被験者の98%にAGAの進行が認められなかったという有効性結果が出ています。この「進行が認められなかった」というのは脱毛症において投与前と比較して当ロゴに毛が抜けることを防げたということあり、それ以上の効果、つまり毛髪の成長が見られた人も沢山認められています。




詳しくは↓↓↓

>>>フィナックス


フィンペシア(男性型脱毛症(AGA))

フィンペシア



フィンペシア



「フィンペシア」は、インドの製薬会社Cipla社により作られた「プロペシア」と同一成分である「フィナステリド」含有のジェネリック医薬品で、男性型脱毛症(AGA)の治療薬です。プロペシアは日本ではMSD社(旧万有製薬)から発売されていますが、2005年に承認を受け販売するや否や、画期的な治療薬として注目を集めています。

男性型脱毛症の原因として考えられるのがDHT(ジヒドロテストステロン)という成分ですが、フィナステリドが 5α-還元酵素を阻害することでDHT産生を抑制します。

フィナステリドは当初、前立腺肥大症(BPH)および前立腺癌に対する治療薬として開発され、認可を受け販売されていました。しかし、その後1mg用量での研究によって、男性型の脱毛症において毛髪の成長が見られることが明らかにされました。この薬は男性ホルモンによる脱毛作用を抑止するものであり、決して発毛に作用する薬ではありませんが、臨床試験では服用者の多くに発毛が確認されています。

なお日本の臨床試験においても、3年間という長期投与試験を行った結果、被験者の98%にAGAの進行が認められなかったという有効性結果が出ています。この「進行が認められなかった」というのは脱毛症において投与前と比較して毛が抜けることを防げたということあり、それ以上の効果、つまり毛髪の成長が見られた人も沢山認められています。

現在配送しておりますフィンペシアは、キノリンイエローが含まれます。キノリンイエローは、日本では、不許可添加物ですが、米国、ヨーロッパなどでは問題ない成分として許可されております。キノリンイエロー未配合をご希望の方は、エフペシア、フィナックス、フィナロ等のご用意がございます。




詳しくは↓↓↓

>>>フィンペシア


フィンカー(発毛剤)

フィンカー



フィンカー



フィンカーは男性の前立腺肥大の治療薬として開発されたお薬です。主成分フィナステライドFinasterideには発毛効果があることがわかり、開発が進んでいきました。フィンカーの有効成分のフィナステライドは

男性型脱毛症の原因物質となるジヒドロテストステロンを生成する5αリダクターゼに効果的に作用し、血中ジヒドロテストステロン濃度を低下させる事により脱毛の停止、育毛・発毛を促します。18才以上の成人で頭髪が徐々に薄くなってきたり、頭頂部の脱毛が気になる方がご使用になれる育毛剤です。




詳しくは↓↓↓

>>>フィンカー


プロスカー(男性型脱毛症(AGA))


プロスカー



プロスカー

プロスカーは、プロペシアと同じメルク社が製薬したAGA(男性型脱毛症)治療薬です。プロスカーは元々AGA治療薬ではなく前立腺肥大症の治療薬として 用いられていますが、成分であるフィナステリドがAGA治療に有効であることが判明し、現在は、男性型脱毛症の治療としても使用されています。プロスカー
は、日本皮膚科学会が発表したAGA(男性型脱毛症)に対する有効な治療としてもっとも効果があるとされたフィナステリドが有効成分です。




詳しくは↓↓↓

>>>プロスカー


最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム