FC2ブログ

パイレックス(痔ケア)

パイレックス(痔ケア)

パイレックス(痔ケア)

ヒマラヤハーブの人気商品『パイレックス(Pilex)』はアーユルベーダ医学で痔疾に有効とされてきた薬草成分が豊富に配合されています。直腸の静脈のうっ血を解消して痔の出血と痛みを緩和するとされる100%天然成分のサプリメントです。

パイレックスは痔疾と関係が深い慢性的な便秘も解消する作用があり、切れ痔や直腸・肛門のうっ血を予防します。継続的に服用しても副作用のない自然成分のサプリメントです。

>>>パイレックス(痔ケア)

スポンサーサイト



トリファラ(慢性便秘・消化不良)

トリファラ(慢性便秘・消化不良)



ヒマラヤハーブの人気商品『トリファラ(Triphala)』は、消化機能を促進し、消化不良・食欲不振・腹部膨満(ガス)を緩和する生薬サプリメントです。慢性的な便秘にも効果があります。

100%天然成分なので副作用の心配がなくお召し上がりいただけます。トリファラをサプリメントとして服用しながら、日常の食生活の見直し・運動によってより効果が得られます。

>>>トリファラ(慢性便秘・消化不良)

デパス0.5mg 1箱(合計100錠)(うつ、不眠症)

デパス0.5mg 1箱(合計100錠)(うつ、不眠症)



デパスは不安、不眠症など睡眠障害やうつ、緊張など精神疾患を改善するエチゾラム配合の安定剤で睡眠導入剤としても処方されます。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬デパスは精神の緊張状態を緩めて沈静や催眠作用を促すマイナートランキライザーに分類され、うつ病の治療に抗うつ剤と共に同時に処方さえることが多い安定剤です。

ベンゾジアゼピン系の抗不安薬はGABA受容体と呼ばれる中枢神経に働きかけて中枢神経の過剰な働きを抑制し、不安感や極度の緊張などを抑えます。

うつ病や不安障害、パニック障害などの患者さんは睡眠障害を患うことが多いため、デパスの鎮静、催眠作用で睡眠導入剤として処方されることもあります。

>>> デパス0.5mg 1箱(合計100錠)

プロザック(抗うつ剤)

プロザック

プロザック

「プロザック」はアメリカのイーライリリー社からカプセル剤として発売されている医薬品です。主成分である「フルオキセチン(Fluoxetine)」は、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の1つであり、主として、うつ病・うつ状態の治療、強迫性障害の治療、神経性拒食症、パニック障害の治療に有効とされています。なお、日本では未承認であり販売されておりません。

プロザックは1988年に発売され世界中で2000万人以上の方々が使用していると言われています。それまでの抗うつ剤は、重度の鬱病患者以外には処方できませんでしたが、プロザックは軽度から中度の患者に対して一般の抗うつ剤と同等またはそれ以上の効果が認められたことから、落ち込みや気分が重いといった比較的症状の軽い患者にも処方されるようになりました。

アメリカでは、プロザックの使用によりビジネスマンが積極的になれた、自信が出て友人が増えたという評判から、多くの方々が服用しています。またプロザックは、半減期が緩やかで、時間を掛けて効果が現れるように作られていることから、依存症になりにくいという特性も持っています。

>>>プロザック

ジェリフォルテ(ストレス・慢性疲労)

ジェリフォルテ(ストレス・慢性疲労)



ヒマラヤハーブの人気商品『ジェリフォルテ(Geriforte)ストレスケア』は、現代社会のストレスと慢性疲労を緩和するための天然ハーブのサプリメントです。

配合された自然成分が心の緊張をほぐし、免疫力を高めて、ストレスの蓄積からくる慢性疲労や不安を取りのぞきます。

仕事や暮らしぶりに活気が出て、パフォーマンスが向上することが期待できます。天然成分なので副作用がなく、安心してご使用いただけます。

>>>ジェリフォルテ(ストレス・慢性疲労)

イクセル25mg (トレドミン)(抗うつ剤)

イクセル25mg (トレドミン)(抗うつ剤)

イクセル25mg (トレドミン)

イクセル25mg(トレドミン)は、第4世代の抗うつ剤(SNRI)で、日本でも2000年に販売がスタートした日本で唯一認可されているSNRI(第4世代抗うつ剤)です。

SNRI(第4世代抗うつ剤)は、過去の抗うつ剤と比較して副作用が低いことが特徴です。

日本ではヤンセンファーマ、旭化成ファーマが同成分「ミルナシプラン塩酸塩」配合のジェネリックをトレドミンという医薬品名で販売しており、ジェネリック薬では東和製品が販売しています。

SNRIと呼ばれる第4世代の抗うつ剤は、セロトニン・ノルアドレナリン取り込み阻害薬で、脳内伝達物質のセロトニンとノルアドレナリンの分泌を促進して気分の落ち込み、意欲の低下などうつ病や不安障害などを改善する抗うつ剤です。

トレドミンはうつ病の症状では中度から重度のうつ症状に高い効果を表すことと、慢性の疼痛の改善効果も評価されているお薬です。

>>>イクセル25mg (トレドミン)

リスパダールジェネリック2mg(統合失調症)

リスパダールジェネリック2mg(統合失調症)

リスパダールジェネリック2mg

「リスパダール ジェネリック(リスペリドン)」は「抗セロトニン作用」、「抗ドーパミン作用」の両方を持つ、新しいタイプの「非定型抗精神病薬」で、統合失調症の治療薬として用いられています。

統合失調症とは精神疾患の一つで「妄想、幻覚」などの症状が現れ、通常の生活が送れなくなる病状です。統合失調症は遠い昔から存在する病気とされていますが、いまだその原因が明確になっておらず、ある説では神経伝達物質の「ドーパミン」の過剰によって引き起こされるとも言われています。

統合失調症の症状は多くの精神機能障害としてあらわれ非常に多岐におよびます。統合失調症自体は120人に1人という稀な病気ですが、思春期から青年期にかけて発症することがおおいとされています。

リスパダールの有効成分「リスペリドン」はドーパミン拮抗薬(5-HT2/D2拮抗薬)と呼ばれますが、脳内でドーパミン受動態を遮断し、ドーパミン神経系によって引き起こされる陽性症状を抑えます。リスパダールは陽性反応に対して即効性があり、副作用も同系医薬品の中では少ないとされています。

>>>リスパダールジェネリック2mg

ドグマチール200mg(スルピリド)(うつ病、うつ症状)

ドグマチール200mg(スルピリド)(うつ病、うつ症状)

ドグマチール200mg(スルピリド)

スルピリド配合のドグマチールは、統合失調症、うつ病、ストレスやうつが原因の胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの治療に用いられるお薬です。

ドグマチールはドーパミンと呼ばれる脳内の神経伝達物質を抑える「抗ドーパミン作用」により統合失調症、うつ病、胃腸トラブルを改善します。

うつ症状になると「心因性の胃腸トラブル」が生じることがあり、そういった胃腸症状の改善にも効果を発揮するのがドグマチールです。ドグマチールはストレスやうつ病で発症する胃腸症状を緩和するために胃の粘膜内の血の流れを改善しいて胃潰瘍の治療を促進します。

また、ドグマチールの「うつ病、うつ症状」の改善においては、脳内神経伝達物質のノルアドレナリンの分泌を促進して気分の落ち込みや不眠などを改善します。

3つ目の作用である「統合失調症」の改善では、抗ドーパミン作用で妄想や幻覚、幻聴、混乱や過度の興奮など統合失調症の症状を改善します。統合失調症は約1%ほどの人口に発症する心の病で珍しい病状ではなく、正しいお薬の服用と治療を行うことで生活の質を改善できます。

>>>ドグマチール200mg(スルピリド)

ゾロフト(Daxid)(抗うつ剤)

ゾロフト(Daxid)

ゾロフト(Daxid)

「ゾロフト(Daxid)」は主成分である「塩酸セルトラリン」によりセロトニンを再取り込みするセロトニントランスポーターの働きを阻害し脳内シナプス間隙のセロトニン濃度を高め、神経伝達がよくすることでうつ状態を改善すると考えられています。

セロトニントランスポーターにだけ結合し、その他の受容体にはほとんど作用しないので、抗うつ薬特有の副作用も少ないのも特徴です。

日本では同じファイザー社によって「ジェイゾロフト」という薬剤名で2006年から販売されており、選択的セロトニン再取り込み阻害薬 (SSRI) と呼ばれる第三世代抗うつ剤の1つとなります。

不安障害(心的外傷後ストレス障害 (PTSD)、全般性不安障害、強迫性障害、社交不安障害)、月経前不快気分障害、双極性障害のような疾患の治療にも用いられることがあり、様々な心の病気に対する効果も期待されるお薬です。

>>>ゾロフト(Daxid)

サインバルタジェネリック 1箱(抗うつ剤)

サインバルタジェネリック 1箱(抗うつ剤)



「Duzela(ドゥゼラ)」は、有名な抗うつ役「サインバルタ」と同じ成分のジェネリック(後発薬)で、うつ病の治療以外にも糖尿病性神経障害に伴う疼痛の緩和に用いられます。

サインバルタは「デュロキセチン(Duloxetine)」を主成分としたセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)と呼ばれる三環系抗うつ薬です。脳内でセロトニンとノルアドレナリンの再取り込みを阻害することで、脳内の神経伝達をスムーズにし、憂うつな気分を和らげ、やる気がなくなる、不安といった症状を改善します。

また、中枢神経系の痛みを抑制する経路に作用し、痛みを和らげます。通常、うつ病、うつ状態や糖尿病性神経障害にともなう疼痛の治療に用いられます。日本では2010年4月にデュロキセチン塩酸塩(Duloxetine HCl)として、イーライリリー社と塩野義製薬により、また世界95カ国で発売されています。


>>>サインバルタジェネリック 1箱(合計50錠)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム