FC2ブログ

ザジテンジェネリック


ザジテンジェネリック

ザジテンジェネリック


ザジテンジェネリックは抗ヒスタミン薬に分類されるザジテンのジェネリック医薬品で、さまざまなアレルギー症状を抑える作用があります。有効成分はケトチフェンで、気管支ぜん息、アレルギー性鼻炎、じんましんや湿疹などの皮膚のかゆみに効果があり、特に、花粉症などによる鼻水や鼻づまりにはよく使われています。

アレルギー疾患はヒスタミンという物質が関与をしており、ヒスタミンがヒスタミン受容体に結合するとかゆみや鼻水などのアレルギー症状が起こります。ザジテンジェネリックには受容体をブロックすることでヒスタミンが結びつかないようにする働きがあるので(抗ヒスタミン作用)、アレルギー症状を抑えることができます。服用してから比較的早く効果を感じることができますが、症状を改善するだけでアレルギーの病気を治す作用はありません。

ザジテンジェネリック

スポンサーサイト



コンビエアー100mcg/20mcg(200回分)


コンビエアー100mcg/20mcg(200回分)

コンビエアー100mcg/20mcg(200回分)


コンビエアーは気管支喘息における気道過敏症による慢性的な過剰炎症を抑制し、気道過敏症を改善する働きを持つ噴射式の気管支喘息管理薬です。喘息の治療はこれまで気道を確保することが第一とされ、市販薬もその機能を持つ薬が大半でした。しかし最近の研究から、喘息の発作を引き起こすのは原因物質(アレルゲン)を吸入した時に引き起こされる慢性的な過剰炎症が原因であることが明らかとなりました。コンビエアーに有効成分として含まれる、臭化イプラトロピウムとサルブタモールという2種類の物質にはそれぞれ気管支を拡張させる作用があり、それらの働きによって慢性炎症が緩和されます。即効性は従来品に比べると若干劣りますが、持続性に優れているのがコンビエアーの特徴です。

コンビエアー100mcg/20mcg(200回分)

コフレ無糖(糖尿病患者用咳止め)|ヒマラヤ


コフレ無糖(糖尿病患者用咳止め)|ヒマラヤ

コフレ無糖(糖尿病患者用咳止め)|ヒマラヤ


コフレ無糖は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された糖尿病患者向けの鎮咳去痰(咳止め・たん切り)薬です。

1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信している製薬メーカーです。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

シュガーフリーのため服用しても血糖値を上昇させず、それでいて糖尿病患者の様々な咳症状を強力に抑えることができるといわれています。

コフレ無糖(糖尿病患者用咳止め)|ヒマラヤ

コフレ咳止めトローチ(ショウガ&はちみつ)


コフレ咳止めトローチ(ショウガ&はちみつ)

コフレ咳止めトローチ(ショウガ&はちみつ)


コフレはちみつトローチは咳止めトローチ薬です。

コフレはちみつトローチは、インド伝統医学のアーユルヴェーダ医学に基づいて製造・開発されています。

1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信している製薬メーカーです。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

主な生薬として以下を含んでいます。

Honey (Madhu)
Lavanga (Clove)
これらの生薬が含まれているコフレはちみつトローチを口の中で舐め溶かすことで、のどの炎症を鎮め、咳症状を抑える効果が期待できます。

細菌感染による扁桃炎・咽頭炎の咳症状、喫煙者の慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの症状緩和のために使用されています。

ジンジャー、レモン、オレンジの3種類のフレーバーがあります。

コフレ咳止めトローチ(ショウガ&はちみつ)

ケトチフェン1mg


ケトチフェン1mg

ケトチフェン1mg


有効成分ケトチフェン1mgを含有する抗アレルギー薬です。日本でも有名な抗アレルギー薬「ザジテン」のジェネリック医薬品になります。

インドの大手製薬Torrent Pharmaceuticalsが製造販売しており、世界各国に多く輸出されております。商品名は「ASTHAFEN」です。

気管支喘息、花粉症・ダニ・ハウスダストなど様々なアレルゲンによる季節性&通年性のアレルギー性鼻炎、蕁麻疹や湿疹、アトピー性皮膚炎などアレルギーによる様々な疾患の治療に世界中で使用されています。

ケトチフェンはアレルギーを引き起こす体内物質ヒスタミンの働きを抑制することでアレルギー反応を抑えるため、抗ヒスタミン薬と呼ばれます。

眠気・口渇などの副作用が現れにくい第2世代タイプで、安全性が高く幅広い年齢層において使いやすい薬剤です。

ケトチフェン1mg

オムナコルチール(プレドニゾロン)10mg


オムナコルチール(プレドニゾロン)10mg

オムナコルチール(プレドニゾロン)10mg


オムナコルチールは、様々な疾患(炎症性・免疫系・アレルギー性など)に効果を発揮する、合成副腎皮質ホルモンです。
有効成分プレドニゾロンは、最も使用されている合成副腎皮質ホルモンです。副腎皮質ホルモンは、生命維持のために必須であり、合成された副腎皮質ホルモン剤は、強力な抗炎症作用、抗アレルギー作用、免疫抑制作用などを持ち、症状の緩和をはじめ、急性副腎不全、アジソン病、下垂体機能低下症など、副腎皮質ホルモンの不足が原因で起こる病気に対し、それを補う目的で使用されています。 以下の疾患や症状に効果を発揮します。

慢性副腎皮質機能不全(原発性、続発性、下垂体性、医原性)
関節リウマチ、若年性関節リウマチ(スチル病を含む)
気管支ぜんそく、ぜんそく性気管支炎(小児ぜんそく性気管支炎を含む)
溶血性貧血(免疫性または免疫性機序の疑われるもの)、白血病(急性白血病、慢性骨髄性白血病の急性転化、慢性リンパ性白血病)(皮膚白血病を含む)
劇症肝炎(臨床的に重症とみなされるものを含む)、胆汁うっ滞型急性肝炎

オムナコルチール(プレドニゾロン)10mg

アドエアジェネリック500mcg


アドエアジェネリック500mcg

アドエアジェネリック500mcg


『アドエアジェネリック500mcg』は長時間作用する気管支拡張成分サルメテロールと気道の炎症を抑えるステロイド剤フルチカゾンが配合された喘息改善薬です。1日2回の口腔吸引で長時間、喘息発作の不快な症状を改善します。喘息の原因である気管支狭窄と気道の炎症を1つの薬でしかも長時間にわたって抑制できるという点で、使用感が手軽な事、効果が期待できることなどから『アドエアジェネリック500mcg』は喘息緩和剤として注目を集めています。

喘息や慢性閉塞性肺疾患の治療薬として開発されたお薬で、サルメテロールという気管支拡張成分は長時間にわたって気管支を拡張し、ステロイド剤であるフルチカゾンが気道の炎症を抑えてくれます。吸入エアゾールタイプのお薬で吸入器が必要ですが、1日12時間ごとに1回という少ない吸入回数で、喘息や慢性閉塞肺疾患の苦しい症状を止めてくれます。喘息などは苦しくなってから薬を服用するよりも予防的に薬を服用し、発作を起こさない治療が効果的です。その点で『アドエアジェネリック500mcg』は非常に効果的なお薬と言えるでしょう。

アドエアジェネリック500mcg

アドエアジェネリック100mcg


アドエアジェネリック100mcg

アドエアジェネリック100mcg


アドエアジェネリック100mcgは、吸入ステロイド薬(ICS)と長時間作動型β2刺激薬(LABA)の配合のアドベアーディスカス(日本名アドエア)のジェネリック医薬品です。喘息の原因である気道の気管支収縮と慢性炎症を一剤で治療する喘息治療薬です。フルチカゾンとサルメテロールキシナホ酸塩が成分のお薬です。フルチカゾンには、気道の炎症を抑えで喘息発作を起こりにくい状態する効果が期待できます。また、サルメテロールは、気道の狭窄を防ぎ、呼吸を楽にする作用が期待できます。

アドエアジェネリック100mcg

アトロベント


アトロベント

アトロベント


気管支喘息の気道閉塞性障害の諸症状の緩解、肺気腫の気道閉塞性障害の諸症状の緩解、慢性気管支炎の気道閉塞性障害の諸症状の緩解の呼吸器官用薬です。

アトロベント

セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)


セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)

セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)


セレタイドディスカスは、喘息症状の長期管理薬(コントローラー)です。

2つの有効成分が、炎症を抑制し、気管支拡張を促します。有効成分プロピオン酸フルチカゾンは、ステロイド剤で、細胞免疫の抑制と抗炎症作用という二つの作用があります。プロピオン酸フルチカゾンは細胞増殖を促す因子を制御したり、過敏反応する免疫機能の上昇を抑制します。

また、ロイコトリエンという気管支喘息の炎症の起因となる物質の生成を抑えます。それにより、気道狭窄・粘液の分泌と蓄積・気管支閉塞・気道の炎症細胞の浸潤といった、白血球細胞の炎症現象が抑制します。同時に、プロスタグランジンという炎症を促進する物質を生成する酵素のシクロオキシゲナーゼを阻害し、炎症を抑えます。

もうひとつの有効成分であるサルメテロールキシナホ酸塩は、気道周辺の平滑筋弛緩させる、アドレナリンβ2を刺激し、気管支を拡張し、気道を確保します。また、細胞(特に肥満細胞)からの即時型過敏症を促す、ヒスタミン・ロイコトリエン・プロスタグランジンD2の生成を、長時間抑制します。サルメテロールキシナホ酸塩には即効性はありませんが、効果持続性が12時間と優れているため、特に夜間から早朝に症状がある方に適しています。

長期管理薬(コントローラー)の目的は、慢性化した気道炎症を抑え、炎症を起こす要因となる気道過敏性を改善することです。気道の炎症が抑えた状態が続くことが喘息発作の予防となり、気道過敏性が改善により発作症状が軽減されるので、症状を長期間コントロールできるのです。

セレタイドディスカス250/50Mcg(60回分)

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム