FC2ブログ

タコロス軟膏10g(タクロリムス)0.03%


タコロス軟膏10g(タクロリムス)0.03%

タコロス軟膏10g(タクロリムス)0.03%


この薬は、アトピー性皮膚炎治療剤と呼ばれるグループに属する塗り薬です。
この薬は、皮膚の炎症を抑えてアトピー性皮膚炎の症状を改善します。
次の病気の人に処方されます。
アトピー性皮膚炎
この薬は、2歳以上の小児に使用される塗り薬です。
この薬は、ステロイドの塗り薬などで効果が不十分な場合や副作用があって使用できない場合などに使用されます。
この薬は、体調がよくなったと自己判断して使用を中止したり、量を加減したりすると本来の効果が得られないことがあります。指示どおりに使用することが重要です。

タコロス軟膏10g(タクロリムス)0.03%

スポンサーサイト



タコロスフォルテ軟膏(タクロリムス)0.1%


タコロスフォルテ軟膏(タクロリムス)0.1%

タコロスフォルテ軟膏(タクロリムス)0.1%


タコロスフォルテ軟膏は、中等度から重度のアトピー性皮膚炎で、他のアトピー性皮膚炎の部分治療では効果が現われなかった人、またはこれらの治療が受けられなく免疫不全ではない人への、ステロイドに代わる新しい治療薬です。皮膚の免疫系の働きを低下させることで過剰な炎症を抑え、アトピー性皮膚炎の症状を改善します。

有効成分のタクロリムスは強力な免疫抑制作用を持っており、体の過度な免疫反応を正常に整えることで、ステロイド外用薬のように皮膚の炎症を抑えます。ステロイドに置き換えた場合、タクロリムスは「強い」と同程度のランクとされています。しかしアトピーと比較してはるかに分子量が大きいため、正常な皮膚からは吸収されません。そのため、ステロイド薬使用時にみられる、皮膚萎縮や毛細血管拡張などの副作用が起こらないので、皮膚の薄い顔やくび、目の周囲などにも使用できます。

しかし、タクロリムスの抗炎症作用は決して強くはなく、皮膚の厚いところや皮膚が硬くなっているような場合(苔癬化局面)では、あまり吸収されないため、そのような場所の治療には効果が期待できません。さらにタクロリムスが皮膚組織を通過する際、その分子量の大きさにより、耐えがたいほどの灼熱感やほてり、ヒリヒリ感、かゆみなどが生じることがままあります。しかし、このような症状は治癒するにつれて軽減します。最近では、タクロリムスとステロイドの併用療法が多く取り入れられています。2つの併用により、薬剤使用量や副作用が減り、また相乗効果によって大きな症状改善が期待されています。

タコロスフォルテ軟膏(タクロリムス)0.1%

クロトラックス・クリーム(オイラックス)10%


クロトラックス・クリーム(オイラックス)10%

クロトラックス・クリーム(オイラックス)10%


クロトラックス・クリームは、つらい痒みを抑えることができる鎮痒剤(かゆみ止め)です。
1本20gチューブ入りで、痒みが気になる場所にサッとひと塗りすれば、ツライ症状からオサラバできます。

ステロイド性のかゆみ止めのように副作用を起こすおそれもなく安全性が高いので、比較的軽度の痒みの症状がある患者に多く使用されています。

クロトラックス・クリームは、有名な製薬企業であるAbbott(アボット)社によって製造・販売されています。
本社はアメリカ・イリノイ州シカゴ郊外にあるアボットパークにあります。
海外の様々な国や地域にも拠点を置き、日本にもアボットジャパン株式会社として存在しており、多くの医薬品を日本で製造・販売しています。

クロトラックス・クリームは、日本でもオイラックスクリームという名前で販売されており、多くの痒みに悩んでいる方に使用されています。
オイラックスクリームは、2018年1月にグラクソ・スミスクライン・コンシューマー・ヘルスケア・ジャパン株式会社から日新製薬株式会社に製造販売承認が承継され現在発売中です。

皮膚に軽い熱感を生じさせ、その刺激によって痒みを打ち消すことができるといわれています。
そのため、作用は穏やかですが、副作用も少ないです。
痒みを伴う軽い湿疹や、虫刺されに使用することができます。

クロトラックス・クリーム(オイラックス)10%

アシトレチン 25mg


アシトレチン 25mg

アシトレチン 25mg


アシトレチンは、日本では未発売の乾癬治療薬です。

商品名:NeotigasonまたはSoriataneのジェネリック医薬品として、インドの製薬企業であるGlenmark Pharmaceuticals (グレンマーク・ファーマ)によって製造・販売されています。

日本で承認・販売されているチガソンカプセル25mgよりも安全性が高く、世界的にオーソドックスな薬となっています。

ビタミンA誘導体として皮膚・粘膜を正常化し、症状を治療してくれます。

従来より適切な治療法がなく、肉体的、精神的苦痛の極めて大きい重症乾癬患者や魚鱗癬患 者などに効果を発揮します。

注意点として、服用することで胎児の催奇形性が報告されており、服用する際は適切な避妊方法を併用するようにしてください。

諸治療が無効かつ重症な下記疾患

乾癬群(尋常性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症、関節症性乾癬)
魚鱗癬群(尋常性魚鱗癬、水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症、非水疱型先天性魚鱗癬様紅皮症)
掌蹠角化症、ダリエー病、掌蹠膿疱症、毛孔性紅色粃糠疹及び紅斑性角化症、口腔白板症、口腔乳頭腫及び口腔扁平苔癬

アシトレチン 25mg

プソルキュタン軟膏(カルシポトリオール)


プソルキュタン軟膏(カルシポトリオール)

プソルキュタン軟膏(カルシポトリオール)


プソルキュタン軟膏は尋常性乾癬の治療薬です。

プソルキュタン軟膏は、活性型ビタミンD3誘導体であるカルシポトリオールと副腎皮質ホルモン(以下、ステロイド)であるベタメタゾンを含有する配合剤であり、LEO Pharma A/S(デンマーク)で開発されました。

ドボベットR軟膏という商品名で尋常性乾癬治療剤として日本でも臨床応用されています。

レオ ファーマ社はデンマークに本社を持ち、日本法人としても2010年6月に設立されています。

皮膚科領域に特化したスペシャリティファーマとして、確固たる地位を築くべく、事業活動を展開しています。

真の情熱を持って技術革新を進めています。

レオ財団を母体としているため、研究開発や、先進的なケアを必要としている患者さんに、より多くの投資を行うことが可能となっています。

先発品として製造・開発されており、使用することで強力な効果を得ることができ、尋常性乾癬を綺麗に治療することができます。

プソルキュタン軟膏(カルシポトリオール)

フルコートNクリーム


フルコートNクリーム


フルコートNクリーム


フルコートNクリームは、日本でも承認・販売されている抗炎症薬ステロイド剤と抗生物質の配合クリームです。

炎症による腫れや赤みをおさえ、かゆみや痛みをやわらげます。

細菌感染をともなうか、そのおそれのある湿疹や皮膚炎に適します。

主薬のステロイドにより、短期間で炎症をしずめることが可能です。

フルコートは日本では田辺三菱製薬株式会社によって製造・販売されていますが、こちらのフルコートはGlenmark Pharmaceuticals (グレンマーク・ファーマ )社によって製造・販売されています。

フルコートは短期間で皮膚炎をおさえることが可能で、腫れや赤みをすみやかにとり、かゆみや痛みをやわらげてくれます。

このため、アトピー性皮膚炎や乾癬(かんせん)をはじめ、さまざまな湿疹・皮膚疾患に広く使用されています。

フルコートNクリーム

フルコート


フルコート

フルコート


フルコートは、日本でも承認・販売されている抗炎症薬であるステロイド剤です。

炎症症状やアレルギー症状のある患部に使用することで、症状を鎮めかゆみや痛みの症状を改善することができます。

フルコートは日本では田辺三菱製薬株式会社によって製造・販売されていますが、こちらのフルコートはGlenmark Pharmaceuticals (グレンマーク・ファーマ )社によって製造・販売されています。

フルコートは短期間で皮膚炎をおさえることが可能で、腫れや赤みをすみやかにとり、かゆみや痛みをやわらげてくれます。

このため、アトピー性皮膚炎や乾癬(かんせん)をはじめ、さまざまな湿疹・皮膚疾患に広く使用されています。

注意点として、フルコートは赤みや痒みなどの症状をとりさる対症療法薬ですので病気の原因そのものは治せません。

しかし、皮膚をよい状態に導き、かきむしりによる悪化の悪循環を断つという意味では非常に有用とされています。

湿疹・皮膚炎群(進行性指掌角皮症、女子顔面黒皮症、ビダール苔癬、放射線皮膚炎、日光皮膚炎を含む)
皮膚掻痒症
痒疹群(じん麻疹様苔癬、ストロフルス、固定じん麻疹を含む)
虫さされ
乾癬
掌蹠膿疱症
薬疹・中毒疹

フルコート

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム