FC2ブログ

アシトロム (ニクマロン) 2mg


アシトロム (ニクマロン) 2mg

アシトロム (ニクマロン) 2mg


アシトロムは血栓の塞栓による様々な症状の改善や予防に用いられる薬剤です。一般名はアセノクマロールです。アシトロムは国内では未承認の医薬品になります。アシトロムは体内でのビタミンKの働きを妨げる事で血液が凝固しにくくし、血栓ができるのを妨げる働きを持つ薬剤です。同じような働きを持つ薬剤にはワーファリンがあります。

血液が凝固するプロセスには多くの因子があります。このように血液が凝固するのは、外傷などで出血が起こった際に傷口をふさぎ、多量の出血を防ぐ身体の機構があるからです。一方で、血管の中で不適切に血液が凝固してしまうと血栓が生じ、血管内の血栓は脳梗塞や心筋梗塞などの重大な疾患を引き起こします。アシトロムのような抗凝固薬は、血液を凝固させる因子のうちでビタミンKを利用して血液を凝固させる因子に働きかける薬剤です。アシトロムがビタミンKの働きを妨げる事で、これらの因子は働けなくなり、血液を凝固させる事ができにくくなります。このようにしてアシトロムは血栓が生成される事を妨げ、様々な塞栓症を改善、予防します。

アシトロム (ニクマロン) 2mg

ヴァサカ(咳・気管支炎)


ヴァサカ(咳・気管支炎)

ヴァサカ(咳・気管支炎)


ヴァサカ(咳・気管支炎)は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造・開発された鎮咳(咳止め)シロップ剤です。

1930年に創業が開始された100年近い歴史をもつ老舗のサプリメントメーカーであるHimalaya(ヒマラヤ)社によって製造・販売がされています。

ヒマラヤ社はインドの歴史ある伝統医学アーユルヴェーダに基づいた製品を多く開発し、世界中に発信している製薬メーカーです。

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダに基づいた生薬を大量に使用し、100%天然成分のみで構成されているのにもかかわらず強力な効果が得られるといわれています。

ヴァサカ、1錠中に以下を含有しています。

マラバールナッツVasaka (Adhatoda vasica) 250mg
マラバールナッツはインドの伝統医学アーユルヴェーダでは「バシカ」と呼ばれています。

マラバールナッツはキツネノマゴ科の常緑低木で、高さ3m程度に生長します。

熱帯インドが原産で、一般的に葉が用いられます。

俗に、「気管支を拡張する」「痙攣を抑える」などと言われています。

服用することで気道の炎症を抑え、気管支を拡張することで咳症状を抑える効果が期待できます。

気管支炎、喘息にも有効という研究結果もあると報告されています。

ヴァサカ(咳・気管支炎)

ロタヘイラー(吸引器)


ロタヘイラー(吸引器)

ロタヘイラー(吸引器)


シプラ社が製造する「ロタヘイラー」は吸入器で、気管支炎や喘息などの呼吸器系症状の緩和に使用する吸入薬の使用に用います。

ロタヘイラー(吸引器)

モンテルカスト(シングレアジェネリック)10mg


モンテルカスト(シングレアジェネリック)10mg

モンテルカスト(シングレアジェネリック)10mg


モンテルカストは、モンテルカストナトリウムを有効成分とする、気管支喘息とアレルギー性鼻炎の治療薬です。モンテルカストナトリウムは、炎症性疾患に関係のある、システイニルロイコトリエン・タイプ1受容体(CysLT1受容体)と結合し、気管支収縮・血管透過性の悪化や、粘液分泌促進を抑制する事で、気管支喘息やアレルギー性鼻炎の様々な症状を改善する働きを持っています。

気管支喘息
気管支喘息は、.アレルギー反応や細菌・ウィルス感染などが発端となり、空気の通り道である気道や気管支などに炎症が起きた結果、空気の通り道が狭くなってしまうことで呼吸困難などの症状が出る疾患です。症状が軽くなった際にも気管支の炎症が水面下で続いていた場合が多いため、治療を自己中断してしまうと難治化してしまいます。症状がなくても治療を継続することは、予防する点からも大変重要です。

アレルギー性鼻炎
アレルギー反応によって起こる鼻の粘膜の炎症がアレルギー性鼻炎です。アレルギー性鼻炎にかかる人の数は増加しており、日本人の5人に1人は発症しているともいわれています。アレルギー性鼻炎は、通年性と季節性に分類されます。通年性は、ハウスダストやカビ等が原因で発症します。季節性は花粉等が原因です。鼻の粘膜に炎症を起こし、くしゃみ・鼻水・鼻づまりといった症状があらわれます。

モンテルカスト(シングレアジェネリック)10mg

ベネトリンジェネリック2mg


ベネトリンジェネリック2mg

ベネトリンジェネリック2mg


ベネトリン(アスタリン)ジェネリックは、気管支をすばやく拡張する作用があるべネトリンのジェネリック医薬品です。有効成分はサルブタモールで、気管支喘息、慢性気管支炎、慢性閉塞性肺疾患、肺気腫などが原因で起こる気道の閉塞を改善して、呼吸を楽にします。

喘息発作が起こると気道がけいれんして狭くなり、呼吸をするたびにヒューヒューという喘鳴(ぜんめい)が聞こえるなど、息をするのが苦しくなります。気管支には気管支を広げる作用があるβ2受容体というものがあり、べネトリンジェネリックはこの受容体を選択的に刺激することで気道を広げ、空気の通りをよくします。呼吸症状は速やかに改善さしますが効果は長続きせず、頓服的に使用する短時間作用型(SABA)に分類されています。

ベネトリンジェネリック2mg

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム